自律神経の変化 ~午前中と午後~

Pocket

自律神経の変化

交感神経と副交感神経には、『時間ごと』や、『季節ごと』にそれぞれが働きやすい時があります

朝と夕方での自律神経の変化

1日のうちでは、朝は交感神経が優位に働きます。

活発に活動を始める時ですね。

ダイエットをするなら午前中がいいというのは、この交感神経がよく働くためです。

夕方から夜は、副交感神経が優位に働きます。

段々と体を休める時ですね。

リラックスすることで一日の疲れを癒していきます。

場面ごとの自律神経の変化

また、1日のうちの場面場面でも変わってきます。

例えば、食事をすると眠くなります

これは胃腸など消化器系の働きをよくするために、副交感神経が優位に働いているためです。

食後に走るとお腹が痛くなったことがある方もいると思いますが、

走る時には交感神経が優位に働きます。

消化したい体と走りたい体…うまくバランスよく働けないためです。

こうしてみていくと、色々なことが分かってくると思いませんか?

自律神経のことを知って、自己防衛、自己管理しましょう。

磐田市・掛川市・袋井市近郊での、めまい・自律神経・頭痛のご相談はカイロプラクティックベリーまで

改善事例はこちら

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

自律神経の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

TOPページへ戻る