四十肩と五十肩の違いと要注意点

Pocket

四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩の違いは分かりますか?

答えは、年齢です。

正式には、どちらも『肩関節周囲炎』といいます。

40代の人がなったら四十肩、50代なら五十肩といいます。

40代や50代でなる人が多いのですが、30代の患者さんが病院で『三十肩と言われた』ということもありました。

ところでこの肩関節周囲炎ですが、加療には注意点が幾つかあります。

四十肩・五十肩を早くなおす方法

肩関節周囲炎というくらいですから、肩の関節が炎症しています。

炎症というのは、厄介で、薬を飲んでも、電気をかけても、針をさしても、マッサージをしてもなおりません!

もちろん、注射や湿布でもなおりませんよ。

これらのものは『痛み』を感じなくさせたり、和らげるものです。

なおすものではありません。

なおるには、自然治癒力しかありません。

そして、炎症に対して自然治癒力を高める方法は『アイシング』です。

患部を氷で毎日冷やしてください。

冷やすと最初のうちは余計に痛く感じるかもしれませんが、炎症には冷やすのが一番です。

プロ野球のピッチャーも、肩をアイシングしていますね。

また、逆に悪くする方法もあります。

温めるのは逆効果

四十肩・五十肩は、温めてはいけません。

温めると炎症が余計に酷くなります。

温めると楽に感じるのは、ポカポカ陽気で眠くなるのと同じで、神経が休まっているだけです。

炎症に関しては熱でひどくなります。

筋肉を構成するタンパク質は熱に弱いので、温めるのはご法度です。

とくに、40度以上の熱は大敵です。

熱い温泉などは、肩まで浸からないようにしてください。

カイロプラクティックベリーでは、アメリカの大学で学んだ技術と知識で骨盤や背骨の歪みの矯正、五十肩の改善をします。

34,000人以上の施術経験を活かし、あなたに合った施術をさせていただきます。

磐田市、掛川市、袋井市近郊での、四十肩・五十肩・肩こり等のご相談は、カイロプラクティックベリーまで。

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

肩こりの悩み

TOPページへ戻る