Pocket

めまい、頭痛、腰痛、歩くのがツラい、自律神経失調症、疲れがとれない・・・

様々な悩みを抱えている方で、ご家族や周りの方に理解してもらえないというお話をよく聞きます。

お医者さんにも分かってもらえないとも聞きます。

お1人で悩んでいるのは、とてもツラいですよね。

そのような方に届けたくて、私の『酸っぱいミカンの話』を書かせていただきます。

磐田から掛川へ向かう途中、エコパスタジアムの近くには道端にミカンが売ってます。

上の写真がそうなのですが、無人販売です。

こちらのミカンを私は毎年買ってます。

今年も既に2回買ってるのですが、その1回目に買ったミカンのお話です(^O^)

ある朝、ミカンがあと3個になっていたので、子供達に1つずつ剥いてあげて朝食後に食べさせました。

子供達は2人ともミカンが好きなので喜んで食べましたが、

『すっぱ!』
『すっぱい!』

と言いながら食べてました。

そんなに酸っぱいのかーと思いながら、私が最後の1個を剥いて食べてみました。

そしたら、全然酸っぱくありません。

『なんだ、酸っぱくないのもあるなら、また買ってくればいいな』と思いました。

それでその日、掛川へ向かう途中にミカンを3袋買って帰りました。

帰宅すると早速、妻がミカンを剥いて食べ始めました。

すると、

『すっぱい!』
と言いました。

私が『また酸っぱいんだね』と妻に言うと、

妻がミカンを私の口に入れました。

アレ?全然酸っぱくないじゃん!

『これは酸っぱくないねー』
と言いましたが、

妻は食べるたびに酸っぱそうな顔をしながら、次々と私の口にミカンを放り込んできました。

私の食べるミカンは、どれも全然酸っぱくありません。

そこでようやく私は、ハッ!としました。

そういえば私は、4年前に交通事故にあい、車にひかれて脳挫傷になりました。

その時に嗅覚の神経を損傷してしまい、食べ物の味が分からなくなっていたのでした。

特に酸っぱいのが全然分からないのを忘れていました(^_^;)

去年USJへ行ってレモンスカッシュを飲んだ時にも、

私が『このレモンスカッシュは全然酸っぱくないレモンスカッシュだー』

と言いながら妻に飲ませたら、妻は酸っぱくて顔をしかめてました(笑)
子供達にも飲ませたら、悶絶してました(笑)

そのレモンスカッシュも、私は全然酸っぱくなかったのでした。

嗅覚の神経を損傷してからは、食べ物の味が分からなくて、食べても美味しいと感じられません。

とてもツラいと思ってましたが、4年経つうちに、なれてしまっていました。

美味しくもなければ、不味くもありません。

子供達は、『不味くて食べれない物は僕にあげれば食べてもらえる』とからかってきます(笑)

美味しい料理や果物とかも、パパは味が分からなくて残念だねーとからかってきます(笑)

そうなんです。

最初はツラいと思ってましたが、いつからか明るく過ごせてます。

来院される方からは『味がしないと、うつ病になる人もいるのに、門奈さんは明るい嗅覚障害ですね』などと言われます。

長くなってしまいましたが、

冒頭で、お1人で悩んでいるのはツラいですよね。と書かせていただきました。

本当にツラいと思います。

私の嗅覚損傷で味がしないのも、誰にも分かってもらえません。

色々な人に話しても、味がしないっていうのはどういう感じか全然分からないと言われます。

それだけではありません。

交通事故の後遺症で、めまい、頭痛などなど色々ありました。

そういったことも、医者や周りの人は分かりませんでした。

腰椎の椎間板ヘルニアになった時も、やはり誰も分かってはくれませんでした。

そのような経験をしていますので、少しは皆さんのツラいお気持ちが分かると思います。

お1人で悩んでいらっしゃる方、良かったらご相談下さい。

少しはお力になれると思いますので。