同じ年齢なのに、若々しく見えたり老けて見えたりと、人によって違います。

その要因は様々にありますが、体の内側から見てみると、若さを保つための「成長ホルモン」が関係してきます。

若くて健康でいられるために必要なホルモンとは

同じ年齢なのに、若々しく見えたり老けて見えたりと、人によって違います。

その要因は様々にありますが、体の内側から見てみると、若さを保つための「成長ホルモン」が関係してきます。

成長ホルモンという言葉を聞くと、「子供の成長期に必要なホルモン」ということが分かると思いますが、実はそれだけではありません。

成長ホルモンには筋肉や骨の萎縮を防止し、体脂肪の増加を抑える働きがあります。

筋肉や骨が萎縮することは「老化」を意味します。

ですから、それらを抑える成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれています。

成長ホルモンは、体の修復にも必要

成長ホルモンは体の修復のためにも必要不可欠なホルモンです。

    成長ホルモンは、

  1. 軟骨細胞を増殖する作用があるIGF-1を分泌させる
  2. 軟骨細胞に働きかけて骨の成長を促す。
  3. 筋肉でタンパク質の合成を促進
  4. 心臓など様々な臓器や器官の発育
  5. 脂肪組織による脂肪分解
  6. 臓器、筋肉などの組織を修復・再生する
  7. 血管を修復する
  8. などの働きがあり、生涯を通して私たちの体作りに重要な役割を持っています。

    成長ホルモンの不足により、

  • 体の様々な不調を引き起こす
  • 脂肪分解の減少により、太りやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 集中力、気力が低下しやすくなる
  • などが起こりやすくなり、老化の進行を早めることにもつながります。

成長ホルモンを増やすポイントを紹介します

    成長ホルモンの分泌を増やすポイントは、、、

  • 質の高い睡眠をとる
  •     成長ホルモンは睡眠中に特に多く分泌されます。

        眠っている時、体は休んでいるようにみえますが、成長ホルモンの働きにより、昼間の活動で傷ついた細胞を治し、体全体を修復しています。

        成長ホルモンが分泌されるのは、眠りに入って最初に訪れる深い睡眠(ノンレム睡眠)のときです。(入眠からだいたい一時間三十分~二時間の頃)
     
        睡眠の環境が悪いと、この深い睡眠が訪れずに、成長ホルモンが分泌されず、体は修復しづらくなります。

  • アミノ酸の一つであるアルギニンを摂る。
  •     大豆製品・魚介類・肉類・ナッツなどに多く含まれます。

  • 適度な運動をする。
  •     運動により肉体的負荷があると成長ホルモンが分泌されます。

    これら、睡眠・食事・運動の生活習慣を改善することで、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

成長ホルモンの分泌を促し、若くて健康で過ごしましょう!

整体・カイロプラクティックが初めての方へ

※【どんなことするの?】【私にカイロプラクティックは合ってる?】など分からない方は、施術を受ける前に『相談だけ』受けることもできます。こちらの画像をクリックしてください。
カイロプラクティックが初めての方は初回相談2000円

料金表はこちら
お客様の声はこちら
地図はこちら
改善事例はこちら

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

メールレター好評☆配信中

『あなたの想像を超える!?体の秘密、心の世界』(メールレター)の無料購読申し込みはこちら

自律神経の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

TOPページへ戻る