不眠症と寝具や枕の関係

Pocket

【睡眠の質】の向上のために重要なポイント

一晩眠っている間に、脳が本当に休む時間は何時間だと思いますか?

なんと、脳が本当に休むのは15分間だけといわれています。

何時間も眠る必要があるのは、神経や筋肉など体の回復のためです。

ところが、寝姿勢が悪いと神経が休まらなかったり、体が回復しづらくなることがあります。

特に、神経が休息できないと、体に様々な不調をきたすことがあります。

神経が休息できない影響による不調とは

長い時間眠ったとしても、神経が休息できていないと様々な不調を引き起こします。

不眠、自律神経の乱れ、内臓の不調、病気になりやすい、風邪をひきやすい、イライラ、記憶力の低下、疲れが取れない…などなど。

睡眠で神経を休息させるために重要なポイントとは

神経が休まるために、寝姿勢は大切です。

良い寝姿勢は、体にS字カーブと呼ばれる生理的湾曲(首や腰のカーブ)がある状態で眠ることです。

体が沈んでしまう・反った状態・うつ伏せ等では、しっかりした休息ができません。

寝転がった時に、一番重たいのはどこだと思いますか?

それは、お尻です。

だいたい体重の44%の負担が、お尻にかかるともいわれています。

お尻が沈んだ状態では、神経も体も休まりません。

柔らかいものの上で眠るのはやめましょう

bedimg

また、頭を高くして眠るのもよくありません。

kubitakai

枕だけを変えることに意味はない

また、枕だけを変えても体の状態は改善しません。

体の状態は、枕だけでは決まりません

また、あなたの今の体の状態が悪い状態だとしたら、その状態で、楽に感じる枕は問題がある可能性があります。

悪い状態で楽に感じたとしても、体は改善せず、むしろ悪くなっていくことも多くあります

どんなに良い枕だとしても、枕だけ変えるのは、絶対にやめましょう!

当院では、「寝た時の神経の通りやすさ」の検査も行っています。

よく眠れない、寝ても疲れが取れない、寝起きにダルイ、寝起きに痛い…などがある方は
神経の通りやすさの検査を受けてみるといいかもしれません。

カイロプラクティックベリーでは、アメリカの大学で学んだ技術と知識で寝具のアドバイス・副交感神経の回復・ホルモン分泌を正常に促す等のアプローチにより、不眠症の改善を図ります。

34,000人以上の施術経験を活かし、あなたに合った施術をさせていただきます。

磐田市、掛川市、袋井市近郊での、不眠症・良質な睡眠・自律神経失調症等のご相談は、カイロプラクティックベリーまで。

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

不眠の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

TOPページへ戻る