腰痛の根本原因とは?病院で見落とされている5つの根本原因について

Pocket

女性の腰痛の症状のイラスト

・腰が痛くてすぐに真っすぐに立てない・・・。
・お尻のところが痛くなって、トントン叩いてしまう・・・。
・前かがみになる時に腰が痛い・・・。

腰の痛みを抱える方は非常に多くいらっしゃいます。
多くの方は、病院や接骨院などへ行っても改善せず、腰痛の悩みを抱えたまま我慢して過ごしています。

腰痛の原因は、検査を受けても原因不明なことも多いです。
しかし、病院や接骨院などとは違った角度から見てみると、腰痛の根本原因が分かることが多いです。

このページでは、病院などでは盲点となっている原因を紹介させていただきます。

腰痛の種類

腰痛の種類で主なものは

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎変性すべり症
  • 坐骨神経痛
  • 腰椎椎間板症
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)
  • などがあります。

多くの方は、整形外科・接骨院での検査と療法を受けても腰痛の症状が改善しないことがほとんどです。


レントゲンのイラスト画像
なぜそのようなことが起こるかというと、原因と思われるところが違っていることが多いからです。
検査したところ以外の原因が見落とされていて、症状が長引いていることがあります。

病院や接骨院でも腰痛の症状が改善しない時は、違う視点でみていくことで原因が判明し、腰痛が改善していくことが多いです。

腰痛の原因と症状

病院や接骨院でも改善しない腰痛がある時には、
検査したところ以外の原因があることが多いのですが、

    特に多くの人にみられる腰痛の原因としては、

  1. 骨盤の歪み
  2. 背骨の歪み
  3. 筋肉の問題
  4. 姿勢の問題
  5. 筋膜の問題
  6. が考えられます。

    これらが原因になっている時の症状としては、

  • 腰やお尻が痛い
  • 足が痛い・しびれる(脚が痛い・しびれる)
  • 生理に関連して腰が痛い
  • 立った時に真っすぐになれない
  • 寝転ぶ時・寝返りで腰が痛い
  • 前かがみになる時に痛い
  • 動き出しで腰痛
  • 座っていると腰痛になる
  • ぎっくり腰
  • 歩く時に痛い
  • 足の付け根が痛い
  • など、様々な症状があります。



それぞれの原因について説明させていただきます。

腰痛の原因1 骨盤の歪み

腰痛の原因として、最も多いのが【骨盤の歪み】です。
骨盤の歪みによる腰痛は、老若男女問わず最も多い原因となっています。

骨盤の歪みのイラスト
特に女性の骨盤は、妊娠と出産に適した骨盤の形をしているために男性よりも歪みやすい形状をしています。

ではなぜ骨盤の歪みによる腰痛が多いのでしょうか?

骨盤は身体の土台・重心となって腰を支えています.

そして骨盤は腰と連動して動きます。

    ですので骨盤が歪むと、

  • 腰を支えられなくなる
  • 腰の動きが制限される
  • 腰からの神経圧迫がおこる
  • などの不具合がおき、腰痛に繋がります。

骨盤は日常動作での、座り方・立ち姿勢・体をひねる・寝方などでも歪みやすく、腰痛の原因となることが多いです。

特に女性の骨盤は、妊娠と出産に適した骨盤の形をしているために男性よりも歪みやすい形状をしています。

関連記事:骨盤を歪ませやすい姿勢について

腰痛の原因2 背骨の歪み

腰痛の原因として、多いのが【背骨の歪み】です。

体の乱れは、骨の乱れ

なぜ背骨が歪むかというと、骨盤が歪むと連動して背骨が歪むことが多いからです。

背骨は、腰椎・胸椎・頚椎に分かれています。

このうち、腰の部分である腰椎が歪むと腰痛になります。

骨盤は歪みやすいので、連動して腰の骨も歪みやすくなります。

腰椎からは神経が出ていて、歪みにより神経圧迫をおこすことで腰痛の原因となります。

腰痛の原因3 筋肉の問題

腰痛の原因として多い、【筋肉の問題】について解説します。

腰痛の女性のイラスト

    筋肉の問題を細かく分けると、

  • 筋肉が歪んでいる
  • 筋肉が弱い
  • 筋肉が炎症している
  • 筋肉の動きが悪い
  • などが考えられます。

このうち、筋肉が歪んでいると筋肉の動きが悪くて硬くなります。
そして、筋肉の動きが悪くて硬くなると、炎症しやすくなります。

つまり、筋肉が歪むことで、他の問題の原因となっていきます。

では筋肉が歪む原因は何でしょうか?

それは筋肉は骨から骨にくっついているため、骨盤や背骨が歪むことで、連動して筋肉が歪んでしまうのです。

歪んだ体のイラスト

筋肉が歪むと、硬くなり動きが悪くなり炎症をおこします。

炎症がおこると、筋肉が腫れて痛みの原因となります。

また、『筋力が弱いと歪みやすいのではないか?』という心配があるかもしれませんが、大丈夫です。

骨盤や背骨を整えれば筋肉も整いますので、筋力はあまり関係ありません。

腰痛の原因4 姿勢の問題

姿勢が悪いと腰痛の原因になります。

しかしそのなかでも、特に腰痛の原因となりやすい姿勢があります。

それはこんな姿勢です。

【骨盤が前に出て立っている姿勢】
悪い立ち姿勢
【寄りかかって座っている姿勢】
悪い座り姿勢
【横座りの姿勢】
横座りの女性イラスト
【足を組んだ姿勢】
足を組んだ女性イラスト
【体をひねって座っている姿勢】
女性の悪い座り方イラスト

これらの姿勢が腰痛の原因になる理由は、骨盤や背骨が歪んでしまい、筋肉が硬くなったり炎症を誘発してしまうからです。

このような姿勢をしている方は、姿勢を変えるだけで症状が緩和されることも多いです。

関連記事:脚を組まずにはいられないのは、どうしたらいいか?

腰痛の原因5 筋膜(きんまく)の問題

腰痛の原因としては、筋膜の問題があります。

筋膜というのは、なじみがないかもしれません。

筋膜は、全身の筋肉を包み込んでいる『膜』で、鳥肉の鳥皮のようなものです。
筋膜の説明イラスト
この筋膜が全身の筋肉を包み込んでいますので、筋膜が歪むことで筋肉が歪みます。

また、筋膜が歪むと姿勢が悪くなってしまいます。

    筋膜が歪むことで起こることとしては、

  • 筋肉が歪む
  • 筋肉が硬く動きにくくなる
  • 姿勢が悪くなる
  • 血行が悪くなる
  • リンパの流れが悪くなる
  • などがあります。

これらは連動しておこっていきます。

筋膜をなおす方法としては、筋膜リリースというものがあります。

筋膜リリースを自分でするグッズもありますが、実際には筋膜リリースはできなくて、ただのマッサージをする器具が多いのでご注意下さい。

関連記事:筋膜リリースについて

腰痛の原因 まとめ

病院や接骨院でも改善しない腰痛がある時には、検査したところ以外の原因があることが多いです。

    多くの人にみられる腰痛の原因としては、

  1. 骨盤の歪み
  2. 背骨の歪み
  3. 筋肉の問題
  4. 姿勢の問題
  5. 筋膜の問題
  6. が考えられます。

これらはレントゲンなどの病院の検査ではみていないことが多く、見過ごされています。

ですので、病院で症状が改善しない方は、病院とは別の視点から原因を探し当てるために、カイロプラクティックに通うと症状が改善することがあります。

もちろん、全ての方の症状が改善するわけではありませんし、どこのカイロプラクティックでも同じというわけではありません。

しかし、病院や接骨院で改善しない方は、違うところに行ってみるのも良いと思います。

特に腰痛は、まずは骨盤の歪みが原因となっていることが多いので、骨盤の歪みを改善することをおススメします。

関連記事:産後の骨盤矯正を受ける前の注意点
(産後でなくても参考になると思います)

磐田市、掛川市、袋井市近郊で、病院や接骨院でも改善しない腰痛・坐骨神経痛のご相談は、カイロプラクティックベリーまで。

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

腰痛の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

 

TOPページへ戻る