Pocket

腰痛、膝痛、腱鞘炎などの時に、

温めた方がいいか?冷やした方がいいか?という質問を受けることが多いです。

答えは、冷やした方がよくて、温めるのはNGです。

腰痛、膝痛、腱鞘炎などの部位を積極的に冷やす方が早く回復します。

いわゆるアイシングといわれることです。

温めると一時的には楽に感じますが、筋肉が硬くなってしまったり、炎症がひどくなってしまうために余計に悪くなっていきます。

お布団や衣服で体を温めるのはいいのですが、お風呂や温泉、ホッカイロやストーブなどで積極的に温めるのは悪化をまねきます。

痛みの部位を温めるのはやめましょう。

アイシングは15分程度、氷でおこないましょう。

アイスノンや保冷剤では効果はありません。

必ず『氷』でアイシングしましょう。