不眠症の原因になりやすい、体内時計を整えるための太陽光やブルーライトについてのまとめ

Pocket

不眠症の改善のために必要なこと

生体リズム・体内時計を守るのは、太陽光・食事・メラトニンの3つが大切だといわれています。

メラトニンは夜・暗くなると分泌され、睡眠へと誘うホルモンです。

メラトニンがしっかり分泌されれば、不眠の改善に役立つといわれています。

そのためには、自律神経を整えること・生体リズム(体内時計)を整えること等が重要となります。

太陽光で体内時計のリセット

ここでは、生体リズム(体内時計)を整えるためのポイントとして、太陽光について紹介します。

私たちの体は、朝の太陽光を浴びることで体内時計がリセットされます。

目から入った光が視床下部にある視交叉上核を刺激します。

そうするとメラトニンというホルモンの分泌がストップします。

このときにセロトニンというホルモンが分泌されます。

自律神経は副交感神経(ブレーキ)から交感神経(アクセル)に切り替わり、体が活動状態になります。

朝、太陽の光を浴びることは、体内時計や自律神経、ホルモンのためにとても重要なことなのです。

太陽光でなくてもいいのですが、2500ルクス以上の明るい光が必要です。

白色光の光は1200ルクス程度です。

晴天なら、カーテンを開ければ室内でも2500~3000ルクスの太陽光が入ります。

日本では曇りの天気でも、外では1万ルクス程度といわれています。

晴天の午前10時頃で65000ルクス、月明かりは0.2ルクス程度といわれています。

ブルーライトは朝には有効

また、ブルーライトという言葉を聞いたことがあるかと思います。

青色の光が、体内時計の針を調整するのに最も有効です。

青色光は、たったの8ルクスでも、白色光の1200ルクスと同じ効果を示すそうです。

この青色光は太陽光の中にも含まれます。

また、蛍光灯・パソコンのバックライト・スマホのバックライトなどにも含まれています。

青色光を朝や昼間に浴びるのはいいのですが、夜間は控えた方が生体リズムは整いやすくなります。

夜間は、ブルーライトをカットする眼鏡やフィルターを活用することもいいのかもしれません。

カイロプラクティックベリーでは、アメリカの大学で学んだ技術と知識で体内時計を正常に戻す・自律神経を整える・生活習慣の改善アドバイス等のアプローチにより、不眠症の改善を図ります。

34,000人以上の施術経験を活かし、あなたに合った施術をさせていただきます。

磐田市、掛川市、袋井市近郊での、不眠症・目の疲れ・自律神経のケア等のご相談は、カイロプラクティックベリーまで。

改善事例はこちら

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

不眠の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

TOPページへ戻る