腰部脊柱管狭窄症について 症状、原因、改善方法について

Pocket

腰部脊柱管狭窄症が痛い女性のイラスト

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、

  • 歩くと足の痛みや痺れが出る
  • 少し休むとまた歩けるようになる
  • 腰を反らすと痛みがある
  • 朝の方が症状が出やすい
  • 足がもつれる
  • などの症状があります。

腰部脊柱管狭窄症があると、病院や接骨院では薬療法・電気療法・温熱療法などの療法をしますが、なかなか改善せずに数年苦しむこともあります。

できれば短期間に改善したいですよね。

このページでは、できるだけ早くにスッキリと改善できるための情報をお伝えさせていただきます。

腰部脊柱管狭窄症とは

背骨にある脊髄や神経の通り道を『脊柱管(せきちゅうかん)』といいます。
老化などの影響で椎間板や腰椎が変形して、脊柱管が狭まるとその中を通っている神経が圧迫されてしまいます。
脊柱管狭窄症のイラスト図解
腰部からのびた神経は脚部の神経をコントロールしている神経なので、足に痛みやしびれが起こったり動きが悪くなったりします。
このように脊柱管が狭くなり神経圧迫を起こして、痛みや痺れがある状態を腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と呼びます。

腰部脊柱管狭窄症は『腰椎椎間板ヘルニア』と共に、坐骨神経痛の主な原因といわれています。

腰部脊柱管狭窄症は、50代以上の方に多いといわれています。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状は、

  • 歩くと足の痛みや痺れが出る
  • 少し休むとまた歩けるようになる
  • 腰を反らすと痛みがある
  • 朝の方が症状が出やすい
  • 足がもつれる
  • などがあります。

    脊柱管狭窄症の症状のイラスト

    腰部脊柱管狭窄症の原因

    背骨にある脊柱管が狭くなり神経圧迫を起こして、痛みや痺れがある状態を腰部脊柱管狭窄症です。

    では脊柱管が狭くなる原因は何でしょうか?

    医療機関などでは、原因としては主に老化といわれています。

    しかし、医療機関でそのようにいわれて薬・電気・牽引・手術などの療法を受けても、長年改善しない方が多くみられます。

    困った顔の女性イラスト

    長年改善しないということは、原因と療法が間違っている可能性があります。

    カイロプラクティックの見解としては、長く歩けない・腰を反らせられないなどの『症状の本当の原因』を見つけて改善していきます。

    そうすると、脊柱管狭窄症などの病変があっても改善する可能性があります。

    腰部脊柱管狭窄症の症状の本当の原因

    アメリカのカイロプラクティック大学で人体解剖実習をした時に、坐骨神経をよく観察しました。

    坐骨神経は腰椎と仙骨から出まして、骨盤の間を通って脚へと繋がっていきます。

    仙腸関節の説明画像

    ですので、腰椎や仙骨、骨盤が歪むと坐骨神経が圧迫されます。

    歪みにより腰部や臀部(骨盤)での神経障害をおこしていると考えられます。

    また骨盤や腰椎が歪むと、関節が動きにくく筋肉も硬くなります。

    すると、歩きにくくなりますし、足に力が入りづらくなります。

    カイロプラクティックの見解では、腰部脊柱管狭窄症の症状の原因は、『腰椎や仙骨・骨盤の歪みによる神経圧迫』と『歪みによる関節や筋肉への障害』と考えています。

    そしてその歪みを改善することで、腰部脊柱管狭窄症の症状からスッキリ改善することも可能です。
    ※あくまでも狭窄症の症状を改善します。狭窄症の状態そのものを改善するわけではありません。

    狭窄症の状態はそのままでも、症状は改善できる可能性があります。

    腰部脊柱管狭窄症の症状を改善するためには

    カイロプラクティックの見解では、腰部脊柱管狭窄症の症状の原因のほとんどは、骨盤や腰椎の歪みとそれに伴う関節や筋肉の障害です。

    骨盤や腰椎の歪みをしっかり矯正すれば、腰部脊柱管狭窄症からの坐骨神経痛・足の痛みや歩きにくさは改善できる可能性が高いです。

    しかし、腰部脊柱管狭窄症からの坐骨神経痛・足の痛みや歩きにくさは、矯正だけでは改善できないことが多いです。

    なぜかというと矯正した後に、神経や筋肉が回復していく必要があります。

    それらの回復のために、栄養素・運動・睡眠の改善などが必要な場合があります。

    カイロプラクティックでは、施術だけではなく、運動・栄養・睡眠のアドバイスもしていきます。

    当院では、動き方・神経の伝わり方・他との連動・くせ・姿勢など、様々な角度から原因を探していきます。

    しかも1度だけではありません。来院ごとに体の変化を確認します。

    検査・分析

    施術

    再検査・評価

    再来院時の検査・評価

    施術

    再検査・評価

    セルフケアのアドバイス ・・・

    このように真面目に丁寧に、体の変化をみながら施術とアドバイスをしていくことで、他より治癒率が向上しています。

    磐田市、掛川市、袋井市近郊での、腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・足の痺れ(しびれ・シビレ)・腰痛のご相談は、カイロプラクティックベリーまで。

    関連記事:腰痛の根本原因とは?病院で見落とされている5つの根本原因について
    関連記事:坐骨神経痛とは? 原因、症状、改善方法について

    磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

    お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
    「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

    ℡ 0120-307-522

       (完全予約制)
    ※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
    ※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

    改善事例はこちら

    腰痛の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

     

    TOPページへ戻る