息をするのも辛い腰痛について

Pocket

腰痛で息をするのも辛い時にはどうしたらいいか?

腰痛がひどいと『息をするのも辛い』という方もいらっしゃいます。

このような時は、どうしたらいいかと悩むかと思います。

まずは医療機関で検査を受けて下さい。

腰以外の原因、、内臓等からの腰痛ではないことを確かめるためです。

原因が腰であった場合、恐らく炎症がひどい状態です。

このような時には、痛み止めの薬や注射も効かないことが多いです。

骨の隙間が狭いとか、色々あるかもしれませんが、息をするのも辛い腰痛の時には、筋肉の炎症もおこしています。

原因が腰にあるなら、最初にやれることは2つです。

1、安静にすること
2、腰をアイシングすること

この2つをしても、炎症はすぐには治まりません。

数日間~1週間はかかると思います。

長いと思うかもしれませんが、これをしないともっと長くかかる可能性があります。

アイシングは、15分くらい、氷で行います。

詳しいやり方は、こちらに載せていますので参考にしてください。

腰痛を余計に悪化させてしまうので、やってはいけないこと

息をするのも辛いくらいの時、ひどい炎症があると思いますが、やってはいけないことがあります。

それは、、、
・マッサージ
・お風呂などで温める
・ストレッチやヨガなどで筋肉を動かす
この3つはやると余計に悪化します。

仕事をどうしても休めないならば、体を気遣いながら仕事をするのも仕方ないと思います。

しかし、マッサージと温めることとストレッチだけはしないでください。

炎症が治まってきて痛みがひいてきたら動かした方がいいので、マッサージ以外はしてもいいと思います。

それまでは我慢しましょう。

痛みが治まってきたらやると良いこと

アイシングを数日して痛みがひいてきたら、カイロプラクティックで骨盤や背骨を整えましょう。

筋肉は骨についているため、骨が歪むと筋肉が歪み、それが炎症になる原因です。

また、今回は息をするのも辛い腰痛の場合は、アイシングをしましょうという記事でした。

腰痛ではなくて、息苦しい、呼吸が浅く感じる、、、などの場合は自律神経などが原因ですので、アイシングしなくて大丈夫です。

自律神経を整えるために、カイロプラクティックを受けることをオススメします。

磐田市、掛川市、袋井市近郊での、腰痛・坐骨神経痛・自律神経失調症・肩こり等のご相談は、カイロプラクティックベリーまで。

改善事例はこちら

磐田院・掛川院ともに共通のお電話にて、ご予約を承っています

お電話には院長・門奈が対応させていただきますので、ご安心下さい。
「ホームページを見て予約したい」とお伝え下さい。

℡ 0120-307-522

   (完全予約制)
※スマホからは右のTEL画像クリックでお電話できます。
※磐田院・掛川院ともに共通のフリーダイヤルにて承っています。

腰痛の悩み(磐田市・掛川市・袋井市カイロプラクティックベリー)

 

TOPページへ戻る