Pocket

一生懸命にストレッチをしているのに、体の可動域が改善しないという方がいらっしゃいます。

簡単にいうと、筋肉は、骨から骨へと付着しています。

骨が歪むと筋肉が歪みます。

筋肉が歪むと、動きが悪くなります。

骨が歪んだ状態で筋肉をストレッチしても、関節本来の動きができません。

歪みを矯正することで、関節や筋肉がしっかり動かせるようになります。

関節も動くようになりますので、可動域も広がります。

歪みを矯正してから、ストレッチすることをオススメします。